ビットコイン 今から 手遅れ 間に合う

仮想通貨の始め方

ビットコインは今からだと手遅れ?まだ間に合う理由を解説

こんなことでお悩みの方におすすめ

  • ビットコインが気になっているけど、値段が上がってしまっていて手遅れかもしれないと思っている。
  • 今からビットコインを始めても間に合うのかどうか分からない。
  • 今からビットコインを始めたいが、その方法が分からない。

 

この記事を読むと3分で分かること

  • ビットコイン投資は今からだと手遅れなのかどうかと、その理由
  • 今からビットコインを買う方法
  • 今から始める人におすすめの仮想通貨の種類
  • 仮想通貨への投資で損しないために、注意すべきこと

 

ビットコインに限らず、投資では、開始時期(タイミング)が非常に重要です。

バブルの頂点(価格のピーク)で参入した場合、損をすることは誰もが知っているからです。

 

それでは、ビットコインをはじめとした仮想通貨への投資に今から参入するのは、遅すぎるのでしょうか?

結論から言えば、まったく遅くありません。理由は、この記事の中で解説していきます。

 

オオカミ君
この記事を読むだけでビットコインを始められるように、ビットコインの買い方と、おすすめの仮想通貨まで書いてあるぞ!

 

この記事はどんな人が書いているの?

  • 2017年に仮想通貨投資を開始し、30代で金融資産6,000万円を達成
  • Coincheck(コインチェック)およびbitFlyer(ビットフライヤー)で、毎月20万円ずつ仮想通貨を積立中
  • 東京大学経済学部卒。2023年現在、仮想通貨投資歴6年、暗号資産CFD歴1年、株式投資およびFX歴15年以上

 

【結論】ビットコインは今から始めても手遅れではない

冒頭でも述べた通り、ビットコインは今から始めても手遅れではありません。

 

理由は次の項で述べますが、ビットコインのチャートを見てもらっても一目瞭然です。

以下のチャートは、ビットコインの5年チャートです。(2023年までのチャート)

 

ビットコインは上下動が激しく、最高値を更新したと思ったら、暴落し、また上がるような挙動を続けています。

最高値を更新し続けているようなとき「以外」が、買い時なのです。

 

つみたて博士
ここは重要なので、この記事の後の方で、注意点としてまた述べるのじゃ。

 

ビットコインは今からでも間に合う2つの理由

ビットコインは今からでも間に合う理由は、以下の2つです。

  1. ビットコインは上下動が激しく、一方的に上がってはいないから
  2. 法定通貨・中央銀行への信頼が揺らいでいるから

 

つみたて博士
メインの理由は、1番じゃ。
2番はちょっと難しいから、無視しちゃってもいいぞ!
オオカミ君

 

ビットコインは上下動が激しく、一方的に上がってはいないから

ビットコインの5年チャートを再掲します。

 

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、ボラティリティ(変動幅)が非常に激しいです。

長期的には上昇しながらも、一方的に上がってはいかない性質も持っています。

 

仮想通貨の値動きは、「ずっと上がり続け、ある時に暴落する」というよりは、「ずっと暴騰・暴落を繰り返す」イメージです。

前者なら「もう買うのは遅い」ということがあり得ますが、後者であれば遅すぎるということはなく、「買い時」があります

 

つみたて博士
一方的に上がり続ける資産には、明確な「買い時」がない。しかし、上がったり下がったりする資産には買い時があるのじゃ。
そりゃそうだ。下がった時に買えばいいってことだよな。
オオカミ君

 

法定通貨・中央銀行への信頼が揺らいでいるから

仮想通貨は、法定通貨(円やドル)と交換できます。

つまり、法定通貨への信頼が揺らぐと、仮想通貨の価値は相対的に上がります

 

2023年現在、1980年代から40年あまりも続いた中央銀行の金融緩和により、インフレが引き起こされています。

インフレは、通貨の価値の下落であり、通貨への信頼の揺らぎでもあります。

 

つみたて博士
通貨は、きちんと説明すると非常に難しい話になってしまうトピックなのじゃ。
ロシアのウクライナ侵略のせいでインフレになった、と思っている人も多いよな。
オオカミ君

 

ビットコインは今からでも遅くないとする専門家の意見

仮想通貨アプリ大手「Zipmex」によると、2023年以降のビットコイン価格について、専門家は以下のように述べています。

アメリカの資本家であり、Draper Fisher Jurvetson(DFJ)の創設者であるTim Draper氏は、2023年の半ばまでにビットコイン価格が25万米ドルに達すると確信している。

出典:Zipmex「暗号専門家に聞く、2023年~2030年のビットコイン(BTC)価格予測」

 

イギリスの比較サイトである「Finder」による専門家の予測では、以下のように2030年までに188,451米ドル(1ドル130円換算で約2,450万円)になるとしています。

Finderのフィンテック専門家による予測の平均値では、BTCは2023年には26,844米ドルであるものの、2025年までに77,492米ドル、2030年までに188,451米ドルに達すると予測している。

出典:Finder「2023年、2025年、2030年のビットコイン価格予測」

 

つみたて博士
ちなみに、原文はすべて英語じゃ。仮想通貨のニュースのほとんどは英語なので、日本語サイトで最新情報を仕入れるのは危険じゃ。
このサイトも日本語なんだけどな。
オオカミ君

 

ビットコイン・仮想通貨への投資を始める際の注意点

ビットコイン・仮想通貨を始める際に知っておくべき注意点について解説します。

 

オオカミ君
どの記事にも同じ注意点を書いてるんだぜ。だから、他の記事を読んだことがあれば、飛ばしちゃってもOKだぞ。
当サイトの読者には失敗をしてほしくない。だから、どの記事にも注意点を書いているのじゃ。
つみたて博士

 

初心者の方がビットコイン・仮想通貨を買う際には、以下の4つのことに気を付けてください。

これを知らない初心者の方が、高騰した仮想通貨を買ってしまい、暴落してすぐに退場、というのはかなりよく見ます。

  1. 急騰しているときに買わない
  2. 余裕資金で買う
  3. 現物で十分、レバレッジは避ける
  4. 短期で一喜一憂しない

 

これらの注意点4つを全て避けられる方法として、当サイトでは「積立投資(つみたて)」をおすすめしています。

参考ビットコイン・仮想通貨は積立投資一択です【初心者向けにわかりやすく】

 

つみたて博士
実際に、ワシは毎月20万円ずつビットコイン・イーサリアムを積み立てているのじゃ。

 

【簡単3ステップ】ビットコインの始め方(買い方・積み立て方)

ビットコインや仮想通貨を買う方法(または積立を始める方法)は、簡単3ステップです。

  1. 取引所に登録する
  2. 本人確認をする
  3. 仮想通貨を購入する(または仮想通貨の積立投資を設定する)

 

取引所に登録する

まずは、株式でいうところの「証券会社」にあたる、仮想通貨の「取引所」に登録する必要があります。

当メディア「博士の仮想通貨積立」では、大手マネックスグループ傘下で信頼性があり、取引できる仮想通貨の種類が多いコインチェックをおすすめしています。

コインチェック(Coincheck)の公式サイト → https://coincheck.com

1日約300円から「つみたて投資」ができる取引所

無料でコインチェックに登録する

※証券大手マネックスの子会社!信頼性と取り扱い仮想通貨数に強み

 

コインチェックなどの取引所のトップページにアクセスしたら、メールアドレスやパスワードを入力。これだけで新規登録ができます。

 

オオカミ君
基本的に、取引所の指示に従っていけばOKだぜ。

 

本人確認をする

仮想通貨を購入するためには、取引所に本人確認書類を提出しなければなりません。

ただし、仮想通貨では、スマホだけで簡単に本人確認書類の提出が出来ます。

 

つみたて博士
オンラインで完結するから、簡単じゃぞ。
免許証とかマイナンバーカードとか、本人確認書類をスマホで撮影して送る形式なんだな。
オオカミ君

 

【一括購入の場合】仮想通貨を購入する

仮想通貨を購入する手順は、どの取引所でもほぼ同じ。例えばコインチェックだと、以下の通りの3ステップです。

  1. 「販売所(購入)」をクリックする
  2. 購入したい仮想通貨の種類を選び、数量(コインの枚数)を入力する
  3. 「購入する」をクリックして購入する

 

【つみたて投資の場合】仮想通貨の積立投資を設定する

当サイトでおすすめしている仮想通貨の投資の方法が「積立投資(つみたて)」です。積立投資であれば、以下の5つのメリットを受けられるからです。

  1. 買い時を考えるストレスがない
  2. ドルコスト平均法で自然とうまく買える
  3. 相場急騰時の高値掴みを自動で避けられる
  4. 自動で長期投資が出来る
  5. 余裕資金しか投入しない設定ができる

参考ビットコイン・仮想通貨は積立投資一択です【初心者向けにわかりやすく】

 

仮想通貨のつみたて投資を始める際の取引所は、コインチェックがおすすめ。コインチェックでは、以下の4ステップで設定が完了します。

  1. 「Coincheckつみたて」をクリックする
  2. 引き落とし口座を設定する
  3. 「毎日つみたてプラン」か「月イチつみたてプラン」を選ぶ(おすすめは「毎日つみたてプラン」)
  4. 「積立する通貨の種類」と「毎月積み立てる金額(円)」を選んで「積立を申請する」をクリックする

 

つみたて博士
積立投資の設定は、人によっては3分くらいで終わるのじゃ。
めっちゃ簡単で驚いたぜ。
オオカミ君

 

コインチェック(Coincheck)の公式サイト → https://coincheck.com

1日約300円から「つみたて投資」ができる取引所

無料でコインチェックに登録する

※証券大手マネックスの子会社!信頼性と取り扱い仮想通貨数に強み

 

今から買うべき仮想通貨とは?

オオカミ君
でもさ、いったい何を買ったらいいんだ?ビットコインでいいのか?
結論から言えば、ビットコインもおすすめじゃ。今から買うべき仮想通貨についても、少し解説しておこうかのう。
つみたて博士

 

イーサリアム(Ethereum)

イーサリアム(Ethereum)とは、実は仮想通貨の名前ではなく、スマートコントラクト機能を備えたプラットフォームのことです。

仮想通貨の名前は、イーサ(ETH)です。

 

オオカミ君
いきなり、何を言っているのか全然わからん!
簡単に言えば、イーサリアムを使うと、アプリの開発・実行が出来るんじゃ。イーサリアムブロックチェーン上で、3Dゲームなども開発されておる。
つみたて博士
オオカミ君
そのゲームの中で、イーサが使えるのか?
そうじゃ。正確には、イーサと交換できる別の仮想通貨が使われることが多いんじゃがな。そのゲームの収益だけで生活している人もいるんじゃぞ。
つみたて博士
オオカミ君
ドラクエのゴールド、FFのギル、ゼルダのルピーを本当に生活に使える感じか!すげえ。

 

イーサリアム上で使われる仮想通貨が、イーサ(ETH)です。

ビットコインよりも圧倒的に複雑な取引や契約が出来るため、機能としては確実にビットコインより上です。

 

リップル(XRP)

リップル(XRP)は、珍しく会社(Ripple Labs Inc.)が作った仮想通貨です。

 

リップルの強みは、何といっても送金です。

リップルは銀行間送金向けの国際送金プラットフォーム「RippleNet」の仮想通貨であり、このプラットフォームには三菱UFJ銀行やみずほ銀行、クレジットカード大手のアメリカンエキスプレスなどを含めた世界中の大手金融機関が参加しています。

 

つみたて博士
他の仮想通貨に比べて送金が便利で早いので、他の仮想通貨との橋渡しという意味で、「ブリッジ通貨」とも呼ばれておるぞ。

 

従来の国際送金手段である「SWIFT(国際銀行間金融通信協会)」は遅くて手数料が高いのに対し、リップルは早くて安いため、未来の送金ソリューションだと言われています。

リップルは用途・強みが明確であり、橋渡し役として他の仮想通貨との交換性(流動性)も高いことから、手堅い仮想通貨だと思います。

 

オオカミ君
リップルは価格がお手頃なのもいいよな。1ビットコインで数百万って、普通に考えてヤバいもんな。

 

ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)は、もっとも有名な最初の仮想通貨です。しかし、最も古い仮想通貨であるとも言えるため、実は仮想通貨全体でみると機能が良いとは言えません。

特に、以下の2つの問題点は、ほぼ解決不能だと言われています。

  1. ブロックチェーン技術の中でも、基礎的な機能しか搭載されていない
  2. マイニング(ビットコインの取引に必要な作業)に莫大な電力がかかる

 

ただし、ビットコインには仮想通貨の代名詞としての、確立された知名度があります。

実際に、日本でも、世界でも、ビットコインから仮想通貨に入ろうとする人が大半です。

 

まだ仮想通貨を始めていない人は多いので、人々が仮想通貨に参入する際のビットコインの需要というのは莫大なものだと言えます。

仮想通貨市場全体の代替通貨としてのビットコインの役割は、まだ始まったばかりだとも言えるでしょう。

 

まとめ:今からでも遅くない!ビットコイン投資を始めよう

ビットコインは今からでも手遅れではありません。むしろ、2023年時点ではまだ早い方だと思います。

 

つみたて博士
ワシが仮想通貨に参入した2017年にも、「もう遅い」議論はあったのじゃ。実際には、そこから20倍近くになったんじゃがな。
そういう「後発組」議論って、どんなテーマでも出てくるよな。
オオカミ君

 

誰も将来のビットコイン価格を約束はできませんが、急騰時以外に買って持っておけば、儲かってきたということは過去の事実です。

まずは無料で取引所に口座を作る所から始めましょう。最初は少額からの積立投資、特に「コインチェックつみたて」がおすすめです。

コインチェック(Coincheck)の公式サイト → https://coincheck.com

1日約300円から「つみたて投資」ができる取引所

無料でコインチェックに登録する

※証券大手マネックスの子会社!信頼性と取り扱い仮想通貨数に強み

 

注意

  • 当サイト「博士の仮想通貨積立」の情報は、金融庁の暗号資産に関する情報・データや、仮想通貨の過去チャート(事実としての価格データ)、独自の見解を基に、情報の提供を目的として当サイトが作成したものです。特定の商品の勧誘や、売買の推奨等を目的としたものではありません。
  • 当サイトのいかなる情報も、将来の運用成果を保証するものではありません。また、一般に仮想通貨(暗号資産)には元本割れのリスクがあります。最終的な投資決定は読者様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

-仮想通貨の始め方

© 2024 博士の仮想通貨積立