仮想通貨 ドルコスト平均法

仮想通貨の積立(つみたて)

仮想通貨×ドルコスト平均法が最強の投資法である理由5つ

こんなことでお悩みの方におすすめ

  • ドルコスト平均法という投資法が気になる
  • 仮想通貨でドルコスト平均法を用いた積立をすると、儲かる気がする
  • 仮想通貨にドルコスト平均法を適用する方法が知りたい

 

この記事を読むと3分で分かること

  • ドルコスト平均法とは何か
  • 仮想通貨ではドルコスト平均法がおすすめな理由
  • 仮想通貨でドルコスト平均法を始める方法

 

仮想通貨に一括で全資金を投下してしまい、一瞬だけ「大きな含み益」を得た後、暴落時に大損して退場した人は多いです。

 

つみたて博士
何を隠そう、ワシ自身も仮想通貨に参入した当初はそのやり方で失敗したのじゃ。

 

失敗を受けて投資方針を変え、今回解説する「ドルコスト平均法」による積立投資(つみたて)を始めた結果、資産6,000万円を築くことが出来ました。

この経験から、(私自身は仮想通貨より株式が長いのですが)仮想通貨こそドルコスト平均法の活用が肝心だと確信しています。

 

今回は積立投資の核とも言えるドルコスト平均法とそのメリットについて解説するとともに、ドルコスト平均法を使った積立投資のはじめ方についてもご紹介します。

 

結論だけを言えば「コインチェック等の取引所で積立投資を始めると、自然とドルコスト平均法になっているのでおすすめ」となります。実際、筆者もそうしています。

コインチェック(Coincheck)の公式サイト → https://coincheck.com

1日約300円から「つみたて投資」ができる取引所

無料でコインチェックに登録する

※証券大手マネックスの子会社!信頼性と取り扱い仮想通貨数に強み

 

この記事はどんな人が書いているの?

  • 2017年に仮想通貨投資を開始し、30代で金融資産6,000万円を達成
  • Coincheck(コインチェック)およびbitFlyer(ビットフライヤー)で、毎月20万円ずつ仮想通貨を積立中
  • 東京大学経済学部卒。2023年現在、仮想通貨投資歴6年、暗号資産CFD歴1年、株式投資およびFX歴15年以上

【図解】ドルコスト平均法とは?

まず、仮想通貨におけるドルコスト平均法についておさらいしておきましょう。

 

一定金額(例:1万円)を定期的に(例:毎月)投資し続ける方法を、ドルコスト平均法といいます

積み立てる金額を一定にすることにより、自動的に「仮想通貨価格が高い時には少なく買う」「仮想通貨価格が安い時には多く買う」という理想の買い方ができます。

 

つみたて博士
購入価格が平準化されるため、高値掴みになりにくいのじゃ。
投資の基本は、安く買って高く売ることだからな。
オオカミ君

 

ドルコスト平均法とは?図解するとこうなる

ドルコスト平均法がどんなものかは、図で見ていただいた方が分かりやすいかもしれません。

以下のドルコスト平均法での仮想通貨の購入イメージをご覧ください。

ドルコスト平均法

 

オオカミ君
この波みたいな線が、仮想通貨の価格のチャートってことだな。
そうじゃ。チャートで価格が高いところでは少なめに買い、チャートで価格が安いところでは多めに買っていることが分かるじゃろう。
つみたて博士

 

ドルコスト平均法の効果は?図解するとこうなる

例えば、私自身は毎月20万円ずつ、ビットコインとイーサリアム(イーサ=ETH)を積立で買っています。

ただし、ここでは分かりやすくするため、イーサリアム(ETH)だけを毎月20万円ずつ積み立てている(買っている)とします。

 

このまま4か月が経過した場合、以下のような経過をたどります。

仮想通貨 ドルコスト平均法 実例

 

つみたて博士
仮想通貨の価格は大きく上下するので、このような例になることは実際によくあるのじゃ。

 

この4か月で支払った日本円は、20万円×4か月で、80万円です。しかも、4か月目のイーサリアム価格(1ETH)は、1か月目と同じ20万円です。

 

このとき、持っているイーサリアムは4.66ETHですので、日本円に換算すると93.2万円です。これは当初の80万円より増加しています。

4か月目と1か月目のETH価格は同じ「1ETH=20万円」ですが、それでも購入価格の平準化というドルコスト平均法の効果により、儲かってしまっていることが分かります。

 

オオカミ君
なんか魔法みたいだけど、計算すると合っているよな。

 

仮想通貨×ドルコスト平均法が最善解である理由5つ

仮想通貨×ドルコスト平均法は、数ある投資の中でも最善解であると思っています。

その理由は、以下の5つです。

  1. 仮想通貨(暗号資産)の上昇率は非常に高いから
  2. 仮想通貨(暗号資産)の将来価格は専門家でも読めないから
  3. 長期的には法定通貨を代替し、伸びると予測されているから
  4. ボラティリティが高く、一括投資に向かないから
  5. 最大のリスクである「退場」を避けられる確率が高いから

 

オオカミ君
それぞれ解説していくからな。

 

仮想通貨(暗号資産)の上昇率は非常に高いから

仮想通貨(正式には暗号資産)の上昇率は非常に高いです。

「2023年の年始から」という条件だけでも、+837.29%(価格としては9倍以上)になっているものを筆頭に、「数倍」は珍しくありません。

仮想通貨 上昇率 2023

 

シンプルですが、こういった「大化け」する可能性のある暗号資産をドルコスト平均法で積み立てておくと言うのは、それだけで価値のある行為だと言えます。

 

仮想通貨(暗号資産)の将来価格は専門家でも読めないから

仮想通貨が大化けするのだとしたら「ちまちまドルコスト平均法による積立投資などやらずに、大化けする直前に買えばいい」と思った方もいるのではないでしょうか。

 

オオカミ君
オレもそう思ったぞ!

 

しかし、仮想通貨(暗号資産)の将来価格は専門家でも読めません。

実際、ビットコインの歴史を見ても、専門家たちは仮想通貨(暗号資産)の将来価格を(驚くべき精度で)外しまくってきています

 

例えば、2021年のビットコインの高騰時(2021年2月~3月)には、2021年内に10万ドル以上(1,000万円以上)になると言っている専門家が非常に多かったです。

仮想通貨投資会社ギャラクシー・デジタルの創業者マイケル・ノボグラーツ氏は2021年2月、ブルームバーグへ「ビットコインが年内に2倍以上の10万ドル(約1052万円)に上昇する」と予想を発表していました。

 

ただし、実際にはこの後、ビットコイン価格は3.5万ドル近辺まで下落。2021年末には5万ドル近辺で取引を終えました。

 

オオカミ君
仮想通貨がいつ大化けするか(急上昇するか)は、専門家でも分からないと言えそうだな。

 

長期的には法定通貨を代替し、伸びると予測されているから

この項目以外の4つの理由はファクト(数値の裏付けがある過去の事実)ですが、この項目だけは予測です。

世界中の企業経営者の4分の3以上(76%)は、今後5年〜10年でデジタル資産は法定通貨の「強力な代替手段」になると考えていることが、デロイト(Deloitte)の「グローバル・ブロックチェーンサーベイ(Global Blockchain Survey)」で明らかになった。

出典:コインデスクジャパン「デジタル資産は5〜10年で法定通貨の代替手段となる:デロイト調査」

 

仮想通貨界隈だけではなく、ビジネス界の総意として、仮想通貨は長期的には法定通貨を代替すると考えられています。

つまりこれは仮想通貨の需要が今以上に飛躍的に伸びることを意味します。

 

ボラティリティが高く、一括投資に向かないから

ここまで、仮想通貨にとってポジティブなことだけを解説してきました。

しかし、仮想通貨にも弱点はあります。それは、ボラティリティ(変動幅)が高すぎることです。

 

変動幅が高すぎる資産は、一括投資には向きません。

以下のように、高いところで一括投資した場合、1か月~数か月で半分になってしまうこともあるのです。

一括投資 危険

 

これが図のように「一時的」だと分かっていて、すぐに上がると思っていれば、耐えられるかもしれません。

しかし、将来を確信をもって予測できる人はいません。

 

つみたて博士
多くの人は「このまま暴落し続けるのではないか」と考え、大損をしながら市場から退出する、というのが現実じゃ。

 

「ボラティリティが高いけれども長期的には伸びる」というタイプの資産には、一括投資ではなくドルコスト平均法による積立が向いています。

長く積立をしていた場合、仮想通貨の平均取得価格自体が低く抑えられていることが多いため、高いボラティリティにも精神的余裕をもって耐えられるためです。

 

最大のリスクである「退場」を避けられる確率が高いから

取引所へのハッキングなどを除けば、仮想通貨で最大のリスクは「退場」です。

 

つみたて博士
バブル時に仮想通貨に参入して「コイナー」などと名乗っていたものの、今は全く仮想通貨をやっていない人は多いのじゃ。
きっと、仮想通貨で大損して嫌になっちゃったんだろうな。
オオカミ君

 

仮想通貨は、少なくとも2023年現在まで、持っていれば必ず「以前の高値」を更新してきました。

つまり、退場(=仮想通貨を売って、仮想通貨への投資をやめること)さえ避ければ、儲かってきたとも言えます。

 

ドルコスト平均法による積立投資であれば、ボラティリティへの耐性があるため、マーケットから退場しづらいです。

 

【簡単3ステップ】仮想通貨にドルコスト平均法で投資する方法

ビットコインや仮想通貨にドルコスト平均法で投資する方法(=積立を始める方法)は、簡単3ステップです。

  1. 取引所に登録する
  2. 本人確認をする
  3. 仮想通貨の積立投資を設定する

 

オオカミ君
ドルコスト平均法で仮想通貨に投資するためには、積立の設定だけしておけばOKなのか?
うむ。定義からして、毎月(毎日)定額で積み立てておけば、それがドルコスト平均法になるのじゃ。
つみたて博士

 

取引所に登録する

まずは、株式でいうところの「証券会社」にあたる、仮想通貨の「取引所」に登録する必要があります。

当メディアでは、大手マネックスグループ傘下で信頼性があり、取引できる仮想通貨の種類が多いコインチェックをおすすめしています。

コインチェック(Coincheck)の公式サイト → https://coincheck.com

1日約300円から「つみたて投資」ができる取引所

無料でコインチェックに登録する

※証券大手マネックスの子会社!信頼性と取り扱い仮想通貨数に強み

 

コインチェックなどの取引所のトップページにアクセスしたら、メールアドレスやパスワードを入力。これだけで新規登録ができます。

 

オオカミ君
基本的に、取引所の指示に従っていけばOKだぜ。

 

本人確認をする

仮想通貨を購入するためには、取引所に本人確認書類を提出しなければなりません。

ただし、仮想通貨では、スマホだけで簡単に本人確認書類の提出が出来ます。

 

つみたて博士
オンラインで完結するから、簡単じゃぞ。
免許証とかマイナンバーカードとか、本人確認書類をスマホで撮影して送る形式なんだな。
オオカミ君

 

【ドルコスト平均法の肝】仮想通貨の積立投資を設定する

当サイトでおすすめしている仮想通貨の投資の方法が「積立投資(つみたて)」です。

積立投資であれば、以下の5つのメリットを受けられるからです。

  1. 買い時を考えるストレスがない
  2. ドルコスト平均法で自然とうまく買える
  3. 相場急騰時の高値掴みを自動で避けられる
  4. 自動で長期投資が出来る
  5. 余裕資金しか投入しない設定ができる

参考ビットコイン・仮想通貨は積立投資一択です【初心者向けにわかりやすく】

 

つみたて博士
2番(ドルコスト平均法で自然とうまく買える)については、この記事でずっと解説してきたことじゃぞ。

 

仮想通貨のつみたて投資を始める際の取引所は、コインチェックがおすすめ。

コインチェックでは、以下の4ステップで設定が完了します。

  1. 「Coincheckつみたて」をクリックする
  2. 引き落とし口座を設定する
  3. 「毎日つみたてプラン」か「月イチつみたてプラン」を選ぶ(おすすめは「毎日つみたてプラン」)
  4. 「積立する通貨の種類」と「毎月積み立てる金額(円)」を選んで「積立を申請する」をクリックする

 

つみたて博士
積立投資の設定は、人によっては3分くらいで終わるのじゃ。
めっちゃ簡単で驚いたぜ。
オオカミ君

 

まとめ:ドルコスト平均法で仮想通貨の積立(つみたて)を始めよう

仮想通貨では大儲けする人もいますが、大損する人もいます。

大損を避けて出来る限り安全・安心に利益を得る最有力の手段が、この記事でご紹介したドルコスト平均法、すなわち積立投資(つみたて)です。

 

オオカミ君
積立は、たとえば取引所の国内大手「コインチェック」であれば、1日約300円から始められるんだぜ。

 

誰も将来の仮想通貨価格を約束はできませんが、急騰時以外にビットコインやイーサリアムを買って持っておけば、儲かってきたということは過去の事実です。

まずは無料でコインチェックに口座を作る所から始めましょう。

コインチェック(Coincheck)の公式サイト → https://coincheck.com

1日約300円から「つみたて投資」ができる取引所

無料でコインチェックに登録する

※証券大手マネックスの子会社!信頼性と取り扱い仮想通貨数に強み

 

注意

  • 当サイト「博士の仮想通貨積立」の情報は、金融庁の暗号資産に関する情報・データや、仮想通貨の過去チャート(事実としての価格データ)、独自の見解を基に、情報の提供を目的として当サイトが作成したものです。特定の商品の勧誘や、売買の推奨等を目的としたものではありません。
  • 当サイトのいかなる情報も、将来の運用成果を保証するものではありません。また、一般に仮想通貨(暗号資産)には元本割れのリスクがあります。最終的な投資決定は読者様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

-仮想通貨の積立(つみたて)

© 2024 博士の仮想通貨積立